アラフォーおひとりさま独女の海外生活

日本では負け組(?!)のアラフォー独身女が、日本を脱出してカナダのバンクーバーで自分の居場所を見つけた。西海岸のんびりライフ、海外から見た日本などを綴ります。英語の勉強方法、海外留学や移住に関する情報共有も。

11月~12月のカナダ、お買い物シーズン到来!

この記事を書いている今現在、バンクーバーでは今年の初雪がチラついております。もうすっかり冬ですね~寒いです。この時期は日照時間が短くて夕方には真っ暗、寒くて雨や曇りの日が多いどんよりとした気候で、気分も何だか鬱々としてしまいます。

 

11/5(日)、サマータイム(カナダではDaylight Saving Timeと呼ぶ)が終わります。日本には無い制度なので馴染みがない方が多いかと思いますが、実際どういう風に時間が変わるかご存じでしょうか?

 

サマータイムの開始(3月の第2日曜日):時計の針を1時間進める
・AM1:59 → AM3:00 になる

サマータイムの終了(11月の第1日曜日):時計の針を1時間戻す

・AM1:59 → AM1:00 になる

 

サマータイム開始時には睡眠時間1時間を損し、サマータイム終了時には1時間多く睡眠が取れるという事です!(明日は1時間長くベッドでウダウダできます)

iPhoneなどのデジタル時計は勝手に時間を合わせてくれるので大丈夫ですが、アナログの目覚まし時計を使っている場合は気を付けないと1時間遅刻 or 早く到着することがあります...

 

さてさて、そんなどんより暗い11月ですが、お買い物好きな女子には嬉しい季節、セールシーズンがいよいよやってきますよ~☆

 

Black Friday(ブラック・フライデー)

アメリカの感謝祭(11月の第4木曜日)翌日の金曜日のことで、クリスマスセールが始まり、小売店が大きく黒字になることからこう呼ばれます。カナダでもブラックフライデーのセールが大々的に開催されます!

f:id:kashta:20171105070343j:plain

 

毎年、セール当日は多くの買い物客で大混雑します。人気店の場合、混雑緩和のために入場制限があったり。私の場合、目ぼしい物がある時は事前に店舗に下見に行って試着などしておきます。そうすると当日に試着室の長蛇の列に並ばなくて済むので。

 

今年2017年のブラックフライデーは11/24(金)ですが、お店によってはその週の月曜日頃からセールを開始するところもあります。

 

Cyber Monday(サイバー・マンデー)

アメリカの感謝祭(11月の第4木曜日)の翌月曜日の事で、オンラインショップのセール開始となります。ブラックフライデーに実店舗で買い物して一息ついた頃、サイバーマンデーでオンラインショップのセールが始まるんです。休んでいる暇なんてありませんよ~

 

Boxing Day(ボクシング・デー)

12月に入ると街はクリスマス色に染まります。しばらくは穏やかな毎日なんですが、クリスマスが過ぎると第2のセールシーズンが始まります。クリスマスの翌日、12/26ボクシングデーといって1年で最も混み合うクリアランスセールが始まります

 

近年ではBoxing Week(ボクシング・ウィーク)として、12/26~1週間ぐらいセール期間が続く店舗も多いです。日本の年末年始バーゲンに近い感じですね。

 

便利なギフトレシート

クリスマスシーズンは何かと贈り物をしたり・貰ったりする機会が増えるんですが、カナダには贈り物をする際に便利なシステムがあるんです。その名も「Gift Receipt(ギフトレシート)」

 

例えば、友人から赤いマフラーをプレゼントとして貰ったとします。しかし、赤はちょっと派手だなぁ~とか、既に同じ物持ってる~とかありますよね?そういった場合に、ギフトレシートがあればお店で返品や交換ができるんです!日本人感覚だと、もらったプレゼントを交換なんて失礼な感じがしてしまうけど、北米ではごく普通。合理的ですね。

 

同じマフラーの色違いに交換しても良いし、全然違う手袋にだって交換できます。手袋の方が価格が高い場合は差額を支払い、安い場合は差額は戻ってきません。返品の場合は同等額のギフトカードが貰えたりします。カナダでプレゼント用ギフトを買う場合は「ギフトレシートを下さい」というのを忘れないように!

 

ちなみに、日本と比べるとカナダでは商品の返品や交換がしやすいです。開封してしまった商品とか、タグを外してしまった商品とかでもレシートがあれば返品可能。特に嫌な顔などされません。(※お店によってリターンポリシーは違うので要確認

 

どうやら最近は日本でも、イオンなどの小売店でもブラックフライデーが取り入れられているようですね。ハロウィンに続き、ブラックフライデー。個人の消費を促すのに必死な感じもしますが、経済が少しでも活発になるのは良い事ですね。