アラフォーおひとりさま独女の海外生活

日本では負け組(?!)のアラフォー独身女が、日本を脱出してカナダのバンクーバーで自分の居場所を見つけた。西海岸のんびりライフ、海外から見た日本などを綴ります。英語の勉強方法、海外留学や移住に関する情報共有も。

バンクーバーにもたくさんある!日本食レストラン

海外で暮らしていると、時折無性に日本の料理が食べたくなることがある。9月に入って急に秋らしい気候になったせいか、無性に日本のラーメンが食べたくなった。バンクーバーには日本食レストランがたくさんあるので、日本の味が恋しくなった時でもフラっと立ち寄れて便利です。

 

最近新しくオープンしたラーメン屋さんに行ってきたので、今回ちょこっと食レポでも書いてみます。

 

おひとりさまボッチ飯 in バンクーバー

先日、新しくオープンしたラーメン屋さん「餃パラ」に行って来た。店内は広めで明るく、おひとりさまでも気軽に入れる雰囲気!

 

今回は初来店なので、オーソドックスな醤油ラーメンと餃子を注文。

f:id:kashta:20170922020138j:plain

この醤油ラーメン、ほっこり優しい味がする!1953年から変わらないレシピ+化学調味料不使用なんだそうですよ。餃子も皮はもちもち、中はジューシーで美味い!昭和の大衆食堂を彷彿とさせるような懐かしい味で大満足でした~。

他にも、味噌ラーメンとか焼き飯も美味しそうだったので、次回はそちらも食べてみたいな!

 

バンクーバーの日本食レストラン

バンクーバーはアジア系移民が多いこともあって、ラーメン屋さんがたくさんあるんです!「山頭火」や「大勝軒」といった日本でも有名なラーメン店も出店しているので、海外にいながら日本の味を楽しむことができます。ラーメン好きな方は食べ比べしてみても楽しいかも? 

www.google.com

現地情報を扱う「ライフバンクーバー」さんが作ってくれたラーメン屋マップ。こんな便利なマップを作ってくれて感謝!

 

ラーメン以外にも、日本の焼肉チェーン店「牛角」やとんかつ店「新宿サボテン」もあるし、和食が食べられる居酒屋もたくさんあるので、日本食が恋しくなった時には活用しています。

 

ただ、バンクーバーの一般的な寿司屋さんは日本のとちょっと違います。寿司屋というよりはSUSHIYAといった感じで、巻きずしが主流。ご飯が外側に巻かれていて、中にはサーモンやアボカドなどいろいろ入っている。更にソースやマヨネーズなんかも掛かっていて、洋風にアレンジされたお寿司です。まぁナマモノが苦手なカナダ人も多いので仕方ないのでしょうかね。これはこれで美味しいですけど。

(こんな感じ↓)

f:id:kashta:20170922055442j:plain

 

日本人的には寿司といったら握りずしを想像すると思うんだけど、ここカナダではそんなに握りずしの種類が多くない。サーモンとかツナばかりで、日本人としてはもっといろんな種類が食べたいと思うんだよね。あ、でもカナダのサーモンは美味しくて大好きです!

 

日本人経営のお寿司屋さんに行けば、ちゃんとした日本風のお寿司もいただけます。が、やはり新鮮な魚介類を輸入するのは大変なんでしょうね。お値段が少々高いので、ここぞという時ぐらいしか行けないです...。お寿司に関しては、日本に一時帰国した際にたらふく食べるのが常です。

 

食事以外でも続々OPEN、日系企業

日本の食料品を扱う「フジヤ」や「コンビニ屋」はいつも利用していて、日本の食材やお菓子、生活雑貨などが手に入る。100円ショップのダイソーもあるし、最近はバンクーバーに無印良品がオープンした。近々ユニクロもオープンする予定!

 

もう日本に帰る必要ないんじゃないかと思うレベルで便利になってきている。ありがたや~ありがたや~。

 

英語と日本語で紹介する 寿司ネタの魚がわかる本

英語と日本語で紹介する 寿司ネタの魚がわかる本

  • 作者: 野村祐三,ロブ・サターホワイト
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/05/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る