アラフォーおひとりさま独女の海外生活

日本では負け組(?!)のアラフォー独身女が、日本を脱出してカナダのバンクーバーで自分の居場所を見つけた。西海岸のんびりライフ、海外から見た日本などを綴ります。英語の勉強方法、海外留学や移住に関する情報共有も。

早くも冬の足音が聞こえるバンクーバー!いち押しスキーリゾート

何と、まだ10月だというのにバンクーバー近郊の Grouse Mountain(グラウスマウンテン)では雪が降った模様。うわぁ~ 映像を見ているだけで凍えそう。 www.facebook.com こういう映像を紹介すると「カナダってやっぱり寒いんだろうな~」と思うかもしれない…

バンクーバーのおすすめ お散歩&サイクリングコース

カナダでは、毎年10月の第2月曜日がThanksgiving Day(サンクスギビング・デー)で、今日(10/9)がその日です。家族で集まって食事をしながら神々に収穫の恵みを感謝する日。メインディッシュは何と言ってもターキー(七面鳥)!他にもサイドディッシュや、ス…

バンクーバーで出会った移民者の出身国別特徴

カナダは移民政策に力を入れていて、2017年も約30万人の移民受け入れを計画しています。カナダでスムーズに新生活に入れるよう、移民者向けのワークショップや就職支援などの行政サービスも充実しています。私自身、数年前にカナダに移民したので、これらの…

安室ちゃん引退宣言!アラフォー・アムラー世代の所感

歌手の安室奈美恵さんが1年後の引退を宣言し、世間では「アムロス」という現象が巻き起こっているそう。福山雅治さん結婚ニュースの際は「福山ロス(ましゃロス)」なんて言葉が出てきてて...今回はアムロス。こういう俗語、よく考え付くよね。 アラフォーの…

バンクーバーにもたくさんある!日本食レストラン

海外で暮らしていると、時折無性に日本の料理が食べたくなることがある。9月に入って急に秋らしい気候になったせいか、無性に日本のラーメンが食べたくなった。バンクーバーには日本食レストランがたくさんあるので、日本の味が恋しくなった時でもフラっと立…

海外生活も可能にする「ノマドワーカー」という働き方

最近よく耳にする「ノマドワーカー」という言葉。「ノマド(nomad)」は英語で遊牧民という意味で、会社などの特定の職場ではなく、遊牧民のように場所を移動しながら働く人達のことをノマドワーカーと言います。具体的には、ノートパソコン、スマートフォン、…

カナダに来たら是非食べたい!人気のスイーツ☆

バンクーバーにはお洒落なカフェがたくさんあって、多くの市民の憩いの場になっています。お店によってコーヒーのこだわりはもちろん、サンドイッチが美味しい、ケーキが美味しい、内装が素敵!など特徴があるので、お洒落カフェ巡りをしても楽しいです。 フ…

アジア系カナディアン vs アジア系アメリカン

アメリカとカナダは同じ北米に位置し、文化も似ているので良く比較される。どちらも愛国心が強く、アメリカ人「カナダ人と一緒にするな」⇔カナダ人「アメリカ人と一緒にするな」と、互いに牽制し合っていたりして面白い。 ステレオタイプではあるが、アメリ…

Dragon Booger(ドラゴンのハナクソ)

突然変なタイトルで始まってスミマセン。数日前のニュースで、バンクーバーのスタンレーパークで巨大な「ドラゴンブガー(ドラゴンのハナクソ)」が発見されたとありました。ド、ドラゴンブガー?何ぞそれ?!気になるじゃないの~ こちらがそのニュース記事…

カナダの映画館、良いところ、悪いところ

バンクーバーでひとり気ままに暮らす私。休日に何をしているかというと...何もしていないことが多いです(笑)日本で暮らしていた時とあまり変わりがなく、家でゴロゴロしたり買い物に行ったり。もっと生産的な毎日を送らねばとは思うものの、ついつい... た…

海外生活あるある。日本人との距離感が分からなくなる。

とうとう9月に入りましたね~。カナダの短い夏も終わってしまうと思うと淋しいです。これからバンクーバーは雨が多くなり、日もどんどん短くなって、どんよりとした季節になっていきます。鬱病にかかる人が増えるのもこれからの時期なので気を付けないと。 …

一向に無くならない人種差別問題

カナダでは、レストランやカフェなどでサービスを受けた際に「チップ」を払う習慣がある。日本には無い習慣なので、観光客は戸惑うことも多いと思う。だいたい代金の10~15%払うのが一般的で、サービスの良し悪しによって増額/減額することができる。最悪…

海外で「就労ビザ」を取るということ

密かに気になっていたお笑い芸人ピース綾部氏、無事に就労ビザが取れたようですね。良かったですね、おめでとうございます! www.nikkansports.com 「アラフォー」「今までのキャリアを捨て、海外で一からの挑戦」という点が、妙に自分に重なって見えてしま…

Solar Eclipse撮ったよ~

2017年8月21日、約100年ぶりの皆既日食がアメリカであり、ここバンクーバーでも約86%の部分日食が見れるということで写真を撮ってきました~ 前回の記事: kashta.hatenablog.com

地理オタクに人気(?!)のアメリカの飛び地

島国である日本ではあまり馴染みのない言葉、「飛び地」ってご存知でしょうか?飛び地とは「一つの国の領土や行政区画の内、地理的に分離している一部分である。 土地の一部が「他所に飛んでいる」と見られることからこう呼ばれる。by Wiki」です。 分かり易…

Solar Eclipse(皆既日食)がやって来る!

2017年8月21日、バンクーバーを含む北アメリカ地域で一大イベントがあります!その名も「北アメリカ大陸横断 皆既日食(エクリプス)」。日食とは、太陽の前に月が入り込んで太陽が隠されてしまう現象です。今まで自分の目で皆既日食を見たことが無かったの…

バンクーバー市民のエコ意識

私がバンクーバーに来て驚いた事の1つに「エコ意識の高さ」がある。なんでも2020年までに「世界一グリーンな町」になるのが目標なのだそうですよ。今回は私がバンクーバーに来て「エコだなぁ」と感じた取り組みをいくつか挙げてみたいと思う。

カナダで一番有名な日本人って誰?

カナダ人に「知っている日本人(日系人)で一番有名な人は?」と質問した場合、どんな回答が来ると思います?野球のイチロー選手?オノヨーコさん?黒澤明監督?ピカチュー? ブッブー、どれも不正解。答えは...

カナダで是非食べたい、ジャンクスナック BEST5

街中の運転はドキドキ怖い、ほぼペーパードライバーの私ですが、カナダのハイウェイは運転しやすくて好き。バンクーバーからちょっと離れただけで、ただひたすら真っ直ぐな道路がずーーーっと地平線のかなたまで続いていたり、広大な農地が広がっていて気分…

カナダの野生動物 -クマ編-

カナダを含む北米には3種類のクマが生息している。バンクーバー市内にクマが出没することは無いが、お隣のノースバンクーバー市では庭にクロクマが出たというニュースを度々聞くので割と身近な存在です。 ということで、今回はカナダに生息するクマの特徴と…

バンクーバーの各エリアの特徴

例えば「東京」といっても銀座と渋谷、原宿などそれぞれの地域によって性格が異なるように、バンクーバーも地域によっていろいろな顔があります!今回ご紹介するYoutubeビデオでは、バンクーバーの主要地域7か所の特徴を、そこに住む女性のタイプ別で紹介し…

日本にあって、カナダに無いもの

日本では台風5号が本州を縦断し、各地で床上浸水などの被害があったとか。被害に遭われた方にお悔やみとお見舞いを申し上げます。 そういえば、バンクーバーに台風ってこないなぁ~と思ったのをキッカケに、日本にはあるけどカナダに無いものをいくつかピッ…

バンクーバー・プライドパレード (Vancouver Pride Parade)

通りを歩いていて「今日はやけに派手な格好の人が多いなぁ~」なんて思っていたら、毎年恒例のプライドパレードの日だったようです。今年で第39回となるこのイベントは、同性愛者たちの存在をアピールすることを目的としていて世界各地で開催されていて、バ…

山火事の煙に覆われるバンクーバー

本来、晴天が広がる夏のバンクーバーですが、今日は曇り...もといスモークが広がっております。というのも、バンクーバーのあるBC州では、各地で大規模な森林火災が発生しており、その煙がここバンクーバー 市内まで流れて来ているようです。こんな感じ。 Th…

ノースハリウッド(North Hollywood)

先週、ジョニーデップ(Johnny Depp)がバンクーバーのダウンタウンに現れたらしい。その場に居合わせた一般人と一緒に写真を撮ったりハグしたりと、素晴らしいファンサービスっぷり!突然ジョニデが現れたらビックリだけど、会えた人はラッキーだよな~。映…

カナダに行ってはいけない「7つの理由」??!!

何となくネットを巡回していて見つけたコチラの記事。カナダをこよなく愛する自分としては「カナダに行ってはいけない」だとぉ??と怒り半分で内容を見てみると...あぁ納得。確かにカナダに来たら大変なことになるな(笑)と思ったのでシェア。 tabi-labo.c…

カナダ旅行のお土産 - ドリームキャッチャー -

カナダ旅行のお土産といえば「メープルシロップ」や「サーモン」がメジャーですが、今回はスピリチュアル心のある友人へのお土産に最適な「ドリームキャッチャー」をご紹介します! ドリームキャッチャーとは? アメリカ・インディアンのオジブワ族発祥の、…

カナダ色に染まる日本人

郷に入っては郷に従え、朱に交われば赤くなる、とはよく言ったもので、カナダに留学などで長期間滞在している日本人もカナダナイズされてくる。だいたい3つの形態を経て変わっていくようだ。 第一形態 カナダに来て1~2ヶ月経ち、生活にだいぶ慣れてきた頃、…

カナダで通じなかった英語の話

日本には和製英語(俗にいうカタカナ英語)が溢れかえっていて、それを皆、あたかも本当の英語であるかのように使っている。実際に海外で暮らしてみると、普段日本で使っていたカタカナ英語、あれが実は和製英語でカナダ人には通じなかった。。。なんてこと…

バンクーバーの野生動物 - スカンク編 -

バンクーバーで生活していると、ソレは突然やって来る。夕方、リビングでまったりTV鑑賞中の無防備な状況で「ウッッッッッ」と鼻に着くあのニオイ。そう、スカンクのガスのニオイだ。昨夜久しぶりにそのニオイを嗅いだので書いてみる。 ファースト・インパク…